再出発への決断

2019.07.05 Friday

0
    直感力だけは強いみたいです。
    その日の献立も、着る服も、一瞬一瞬、自分の直感に従って決めています。
    そんな直感で作られたアミツムリの作品は、アイコンのリボンベレーはじめ、数多くあります。

    そして、ごくたまに、生き方を大きく変えるほどの閃きやアイディアが、雷のごとく上から降ってきます。

    24才のOL二年目、「銀行員を辞めて、ずっと好きだった洋裁とファッションの勉強をしよう!」と決めた時も。
    28才で父が蜘蛛膜下出血で亡くなり、「私が、祖父の会社 吉川帽子(株)を継ごう!」と決めた時も。
    35才で、「ブランドを作って、パリに出展しよう!」とアミツムリを立ち上げた時も。
    44才で、「モントリオールに移住しよう!」と決めた時も。
    決めちゃうと、行動に出るのは早いんです。次の瞬間には、誰かに決意を宣言しています。
    すると後は、勝手に周りからサポートがあって、トントンと現実が変わって行くのです。

    実は、今年の2月にも、閃きに従って、大きな決断をしました。
    それは、「吉川帽子を 卒業しよう!」という決断。日本滞在中、ホテルの部屋で、何か引きずり続けている違和感と一人で向き合ってる時、「そうだ!辞めればいいんだ!」と閃き、スーっと体が軽くなるのを感じました。満月の夜でした。

    その後すぐ、家族と会社のスタッフに、自分の気持ちを伝えました。
    会社をスタッフが継ぐのか否か、、、全てを 成り行きに任せようと思っていました。
    アミツムリのデザインだけは、内心では続けたかったけど、中途半端な執着をしないように、その決断はスタッフに委ねました。

    すると、、、その数日後に、、、(株)ベルモードという、同じく老舗の高級国産帽子メーカー様から、ニット帽子を強化したいから一緒に取り組んでみないか?というオファーをいただいたのです!何という偶然!!

    そこからは、またトントンと話が進み、この7月1日から、吉川帽子(株)の業務は、(株)ベルモードの吉川帽子事業部に 引き継がれることになりました。
    スタッフから取引先から下請けから在庫まで、東麻布へ大移動です。
    私は、会社に所属しないデザイナーとして、独立をしました。
    身軽になって、再出発です。

    気になるアミツムリの今後ですが、ご安心ください!
    (株)ベルモードとライセンス契約を結び、今まで通り、私がデザインするアミツムリ・コレクションを (株)ベルモードを通して発表させていただきます。
    販売元は、(株)ベルモードに変更されますが、作る職人さん達は、今まで通りです。
    販売が苦手だった私としては、好きなデザインだけに集中できるので、本当に嬉しいです。

    モードが好きで、ニット帽子でどこまでモードを追求できるかに挑戦していた時代。
    素材が環境に与えるインパクトを知り、サスティナブルでエシカルなモノづくりを追求した時代。
    出来ることは、全てやり切ったと思える今、次に作りたいのは、被る人を癒す帽子です。
    人を圧倒させるデザインでも、何かの考えを強制する帽子でもなく、それを被ると(引き出しにあるのを見るだけでも)、勝手に気分が上がって幸せになる帽子を 様々なシチュエーションにいる女性達に提供したいと思う、今日この頃です。

    今まで、吉川帽子(株)時代にお世話になった方々、アミツムリの帽子を気に入ってくださった方々、新しいチャンスを与えてくださった(株)ベルモード様、いつも私の決断を信じて見守ってくれる家族や親戚の皆さんに、この場を借りて、心からお礼を申し上げます。
    ありがとうございました。

    そしてこれからも、末永く、よろしくお願い申し上げます。