大人になってから楽しかったこと

2010.11.09 Tuesday

0
    お隣に住むYちゃんは9才の女の子。「あーそーぼ」と、しょっちゅう庭から入ってきて、私の2才の息子とじゃれています。

    先日も遊びにきたので、3人でリンゴジュースを頂いていた時のこと。Yちゃんが突然私に「ねえ、友達いる?」「いるよ!」「じゃあ、だれ?」「・・・・」Yちゃんに私の友人の名前を言ってもわからないだろうな・・・なんて考えていると、「ほらね!答えられないでしょ!! 本当の友達なんて、いないんだよね?」あわてて「そんなことないよ!」と弁明すると、こんどは、「じゃあ、大人になってから楽しかったことあった?」「大人になってからの方が楽しいよ!」私は本気になって答えました。「どうしてそんなこと聞くの?」と尋ねると「ううん。べつに・・・」と笑いながら頭を振っていました。長いおさげを揺らすその表情は、紛れもなく9才の少女に戻っていました。

    まったく子供のクセに・・・と呆れながらも、Yちゃんが帰った後、ずっと彼女の質問の答えを考え続けている自分がいました。