ヴィーガンフェスティバル無事終了 / The Montreal Vegan Festival is over

2018.10.23 Tuesday

0


    初めて参加した、モントリオール・ヴィーガン・フェスティバルは、二万人以上の来場者を記録し、大盛況でした。

    北米には、こんなに多くの、ヴィーガンやヴィーガニズムに興味がある方がいらっしゃるのですね。驚きでした。

    出店者の殆どは食品関係。おなじみのヴィーガンファストフード から、ヴィーガンアイスクリームショップや、個人でヴィーガンスイーツを手作りしているブランドまで、様々なお店が出ていて、どこでランチを食べようかと迷っているだけでお腹が一杯になりそうでした。


    ジャケットやベルトなどの衣料品ブランドも多少は出店してしていたものの、ヴィーガンのニット製品を扱っているのはami-tsumuli のみ。珍しかったこともあってか、本当に沢山の方に、「可愛い!」「これ、本当にコットンなの?ウールじゃないの?」「このポンポン、ラビットじゃないの?」「本当に素敵!」と興味を持っていただきました。嬉しかったです!ありがとうございました。


    でも、ご存知のように、アミツムリのニット帽子は、安くはありません。来場者の殆どの方にとっては、1万円近いニット帽子なんて、あまりに想像外だったようです。皆さんに「高すぎて買えないわ!」と言われてしまいました。
    でも、その一方で、「今は買えないけど、この帽子がその値段なのは納得できるわ。いつかきっと買うから、それまで売り続けてね。」と言われることも多くて、じ〜んと心に響きました。

    アミツムリの商品が高いのには、理由があります。
    私は、ヴィーガニズムだけでなく、オーガニックコットンを使うことや、質の高い日本の職人さんに相応の工賃を払うことにも、こだわりがあるのです。

    いずれにしても、唯一絶対の正しい道なんてありません。皆それぞれが、それぞれの方法でbestじゃないけどbetterな道を探り、お互いを否定せず、アイディアをシェアし合えれば、なんて素敵なことだろうと思います。きっとその先に、皆を幸せにする much better な答えがあるはずです。

    その他にも、沢山の情報交換をさせていただき、刺激的で有意義な二日間でした。
    最後になりましたが、お休みのところ、私に会いに来てくれてた方々、事前の準備から当日のフランス語の通訳まで、全面的にヘルプをしてくれた私の旦那さま、本当にありがとうございました!


    The Montreal Vegan Festival was a big success with more than 20,000 visitors.
    I was surprised that there were so many vegans and people who were interested in veganism.
    Most of the participants were food companies, which were from the famous vegan restaurant to the small homemade vegan snack company.
    Just looking at them made me feel full! 

    There were also some cloths kiosks, but ami-tsumuli was the only bland that offered vegan knit products. I had so many words of praise for them: so cute!, really great! I really want to buy...etc.
    I really appreciate that.

    However, as you may know, my products are not cheap.
    It seems that they were not affordable for most of the visitors.
    However, many people told me that they would buy my hats some day although they couldn’t currently. They also asked me to continue to sell the hats until then.

    There are reasons why my hats are expensive.
    I commit to not only veganism but also using organic cotton and paying an appropriate fee to the Japanese great skill workers, otherwise they might stop working.

    Either way, there is no only best way. If each of us seek a better way and share the ideas, not criticizing each other, we could find a much better way in the future...I believe so.

    Those were really exciting and productive two days for me.
    And last but not least, I’d like to  express my thanks to all the people who came to my kiosk, and my husband who helped me a lot, from the preparation to the French-Japanese interpretation for me.