日本食に想うこと / I miss the real Japanese food

2017.12.31 Sunday

0

    東京に数泊し、伊勢神宮をお参りした後、新幹線で北九州の主人の実家にお邪魔しています。

    今回の旅の目的は、息子の顔を義祖父母や親戚に見せることと、息子に昔ながらの日本の文化を味わってもらうこと。

    息子は久しぶりに、神社を参拝し、温泉に入り、炬燵でゴロゴロし、日本食を堪能しています。


    それにしても、私が驚くのは、日本食の添加物の多さ‼ 高級旅館のお食事も、親戚からの差し入れも、義理母が使ってる加工調味料も、、、友人が言っていた通り、たまに里帰りすると、日本にいた時以上に、日本が食品添加物大国なことを実感します。

    いかにもジャンクフードっぽければ、それはそれで良いのですが、厄介なのは、一見体に良さそうだったり、高品質な日本食っぽく見えるもの。私の様に、成分表示をいちいちよーく読む変わり者以外は、良かれと思って買っちゃうし、子供にも勧めてしまいますよね。

    モントリオールの私が住むエリアでは、オーガニックや食品添加物フリーの食材がもっと気軽に買えるので、その食環境の違いに、どうしても違和感を感じてしまうのです。


    きっとその昔は、一般的に和食に使われていた食材や調味料の質は、今と全く違ったものなんでしょうね。保存料や着色料を使わないのはもちろんの事、精米しすぎないご飯や、精製していないお塩やお砂糖を使ったり、化学調味料を使わずに時間をかけて出汁をとっていたことでしょう。

    そんな和食が恋しくなってしまう、日本滞在です。


    After staying in Tokyo over some nights, I went to Ise for two days, and I'm in my parents in law's house.

    The purpose of this trip is showing my son to my relatives and letting him enjoy the Japanese traditional culture.
    He learned how to worship at a Japanese shrine, he enjoyed the Japanese hot spring, and he eats Japanese food everyday.

    That's nice, but I'm concerned about the current Japanese foods, because they usually contain at least some food additives. I heard we have the most kinds of food additives in the world.
    I don't mind if a typical junk food contains them. The problem is that some foods which look healthy actually contain a lot of chemical additives. Nobody notices that except the unusual people who check each of its ingredients very skeptically, like me.

    When I visit my relative's house or when I stay at a ryokan, a Japanese-styled hotel which serves Japanese dinner and breakfast, I'm surprised at the ordinary Japanese people's philosophy about food. It seems very different from mine.

    A long time ago, the Japanese people didn't eat so many food additives. Furthermore, they must have not eaten too much polished rice, refined salt, or refined sugar.
    I wish I could enjoy that kind of real traditional Japanese meal when I go back to Japan.