モントリオールのお正月/ Japanese New Year's Day

2019.01.08 Tuesday

0

    新年、明けましておめでとうございます。

    ちょっと遅くなりましたが、ギリギリ松の内でしょうか??
    今年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    海外に住むと日本文化から遠ざかるかと思いきや、以外にも、日本にいた時以上に、日本文化を学ばざるを得なくなる状況に遭遇します。
    お節料理もその一つ。
    日本にいた時は、母や親戚が作ってくれたし、既製品も気軽に買えたけど、ここでは、そうはいきません。既製品で手に入るのは、紅白蒲鉾と真空パックの切餅ぐらい。後は、作るしかないのです。

    海外移住して、初めて真面目にお節料理を作ることになったのは、私だけではないはずです。

    材料に限りがあるので、なかなか思うようにはいきませんが、その中で工夫するのも楽しいものです。
    作りながら、母のお手伝いをした記憶を懐かしんだり、義母がこんなにも手間をかけて黒豆を煮ていたのだと知ったり、、、そして何より、主人と息子が喜んでくれるのが一番嬉しいですね。

    ということで、出来たのが、こちらのお節です。
    日本のサツマイモが売り切れできんとんなし、伊達巻は大失敗したので玉子焼きで誤魔化し、お煮しめの蓮根と里芋は手に入らずに省略、田作りも昆布巻も挫折、、、ま、気持ちですからねー

    今年も素晴らしい年になりますように!


    A Happy New Year!
    Do you know we have a special food, osechi, for New Year's Day?
    Osechi consists of many kinds of side dishes. Each side dish has a meaning like happiness, richness, a good harvest, longevity, or etc.

    It usually takes a long time to make osechi at home, at least two or three days.
    Back in Japan, actually I didn’t need to make it by myself. My mom or my mother-in-law prepared it for me. I could also buy any side dishes at the store.
    However, in Montreal, I have to make every side dish except kamaboko, which is red-and-white fish cake(fortunately Miyamoto on Victoria Av. has good ones).
    I started to make osechi by myself after I immigrated to Montreal.
    It’s interesting that the farther I am from my hometown, the more I learn its culture.

    Making osechi is really hard, but I like that. That reminds me of my childhood. I understand how much work my mother-in-law put in to for making kuromame, which are sweetened black beans. More than anything else, that makes my family happy.

    This is my osechi in 2019.
    The ingredients I can get here are limited, so I modified or omitted some side dishes..,but it’s no problem. At least, all of them are made sincerely.
    コメント
    コメントする