絵本読み聞かせのボランティア始めました / Reading to children

2018.11.26 Monday

0

    突然ですが、1ヶ月前から、ハーフ日本人の幼児ちゃんたちに、日本語の絵本を読み聞かせるボランティアをしています。
    週一回、たったの小一時間なのですが、かつて息子に読んでいた記憶と重ねながら、とても充実した時間を過ごしています。

    ここモントリオールは、移民の街。
    様々な国からの移民が集まり、やがて、その二世という形で、子供が生まれます。
    その子供達は、複数の言語の中で育っていくのですが、どの言語をどの程度取得していくかは、親の価値観によって、かなり変わります。

    日本人ハーフのお子さんの場合、保育園や学校ではフランス語、パパとは英語かフランス語、ママとは日本語、という言語環境が多いようです。家族内の言語を統一したいということで、ママとも英語やフランス語というケースもあります。
    ここで考えさせられるのが、「日本語教育」の必要性の意義です。

    ここで生まれたハーフ日本人のお子さんにとって、日本語はママの第一言語。そして、母方の親戚達がずっと使ってきた言葉です。
    しかしながら、将来、日本に住む予定が無いとなると、日本語が話せなくても、これといって生活に支障をきたすことはありません。日本人のママとだって、英語やフランス語である程度はコミュニケーションをとれるはずです。

    となると、彼らにとって、日本語ってなんなのでしょうか?
    第一言語ではありません。一番ストレスなく自己表現できるのは、英語かフランス語のことが殆どです。
    そして、カナダで生まれているので、母国語でもありません。
    母親の母国語という特別な意味があるので、ただ単に、第二・第三言語として片付ける訳にもいきません。

    私は最近、「継承語」という言葉を知りました。彼らにとっての日本語は、継承語なのです。

    実はモントリオールにおいて、継承語の習得にどれだけエネルギーを費やすべきなのかは、常に議論の的になっています。

    息子は100%日本人ですが、既に英語でのコミュニケーションはネイティブと同じレベルで出来ます。今のところ、将来帰国するつもりは無いようです。それでも、現地校の英語やフランス語の宿題に加え、日本語補習校の大量の宿題をこなし続けています。
    ある日息子に、「どうして日本語の勉強も頑張るの?」と聞いたら、「だって、日本語は僕の言葉なんだよ!僕のご先祖様が使い続けてきた言葉なんだ!」と涙を浮かべながら答えたのです。思わず、私の方もウルウル、、、

    おそらく息子は、言語を継承することは、その国の文化やエネルギーや愛を継承することを 本能で解っているのでしょう。

    私は学者ではないから、偉そうなことは言えないけれど、ここに生まれたハーフ(さらにはクオーター)日本人の子供達に、どうか豊かな日本語を継承していって欲しいと願っています。

    そんな思いをこめて、読み聞かせの時間を楽しんでいる今日この頃なのです。

    One month ago, I started volunteering to read Japanese picture books to the children at the Japanese-Canadian Cultural Center of Montreal.
    That happens only once a week, just for one hour, but I spend a very fruitful time there with the children and their moms.
    All the children there are half Japanese, who were usually born outside Japan.

    How important is the ability of the Japanese language for them? Maybe the answer depends on their parents.
    So, let’s think about What the Japanese language is for them.

    It’s not the first language for them. Even though they communicate with their moms in Japanese, they use French or English more with their dads, their teachers, their friends, and so on.
    It’s not their native language, because they were not born in Japan.
    It is not just the second or the third language, because it should be the more special language, which is their moms' native language.

    I recently learned the word, ‘succeeded language’. Yes, the Japanese language for them is a succeeded language.

    It’s actually controversial how they should spend energy to obtain their succeeded language. Unless they are supposed to live in Japan in the future, its purpose is very unclear.

    My son is not supposed to go back to Japan, although he is 100% Japanese. He can study and communicate in English comfortably now. However, he constantly studies Japanese. I know it’s not easy to do that with a lot of English and French homework.
    One day, I asked him why he doesn’t give up Japanese. He said:”Because Japanese is MY language, which my ancestors used!”
    That really moved me....

    He probably knew that succeeding a language means succeeding the country’s culture, energy, and love as well.

    I can’t insist on anything, but I hope the half (or quarter) Japanese children will succeed in Japanese, which is a rich and beautiful language.

    I always read the Japanese picture books there, thinking about that.
    コメント
    コメントする