バイリンガル教育あれこれ / About bilingual education

2018.06.26 Tuesday

0
    息子は現在10歳。
    親バカではありますが、すくすくと、日本語と英語のバイリンガル&バイカルチャー に育っています。

    自分たち両親が英語苦手な日本人でありながら、子供をバイリンガルに育てたいと思っている方は多いはず。私もそうでした。
    どうしたらバイリンガルに育てられるのかは諸説あり、そのお子さんの性格やその家庭環境にもよるので、一概に何が一番良いのかを決めつけることはできません。でも、10年間に渡り、バイリンガルを目指す周りのお子さんを見てきた今、それが簡単でないことだけは、よく解りました。
    片方の言語に偏ってしまうケースだけでなく、2つの言語どちらともが中途半端になってしまうケースも。

    私のストラテジーその1は、小さいうちに、ネイティブの英語の環境を提供してあげること。これは、よく言われてることですよね。息子は、日本のインターナショナルの幼稚園に行きました。

    そして私のストラテジー2は、家庭では、必ず日本語をつら抜くこと。これは、カナダに移住した今でも続いています。息子が、変なカタカナ英語を使ったら、そっと正しい日本語で言い直してあげます。
    幼稚園の先生は、「お母さんもお家で英語を使って下さいね!発音が悪くても、お母さんが使うことで、子供にとって英語を使うことに違和感がなくなるのです。」と仰っていましたが、何となく違和感があって、私は実行できませんでした。

    最後の私のストラテジー3は、赤ちゃんの時から、日本語の絵本の読み聞かせを毎日すること。言うは易しですが、これって、子育てでヘロヘロのママにとっては、結構面倒臭くて大変です!!
    でもこれ、バイリンガルに育てるために、すごーーーく大切なことだったのだと、今はっきり言うことができます。
    外では英語教育を受けても、母国語である日本語の絵本を お布団の中でママに読んでもらって、一緒に笑ったり登場人物の気持ちを考えたり、、、それが小さな子供にとってどんなに至福の時間であり、どんなに親子の絆を深めるか、それは想像を超えるものがあります。

    今はもう読み聞かせはしませんが、息子は本が好きになり、カナダで暮らす今でも、英語だけでなく日本語の本(含む漫画!)も読んでいます。読書は親子の会話だけでは不足しがちなボキャブラリーを増やしてくれます。
    知らない言葉が出てくれば、〇〇ってなぁに?って気軽に聞いてくれるので、またそこから会話が生まれます。

    番外編ですが、もう1つの私のストラテジーは、車を持たず、なるべく歩いたり公共の交通手段を使うこと。
    息子の学校は3キロほど離れたところにあります。車で送り迎えする親御さんがほとんどの中、私達は、歩いたりバスを使い、片道30分以上かけて送り迎えをしています。学校内での使用言語は英語ですが、帰り道に「今日はどうだった?」と聞けば、休み時間から勉強のことまで、全て日本語で話してくれます。かけがえのない、親子の時間です。そして、もちろん、彼の日本語の効果的な上達の場にもなっている筈です。
    「うちの子は学校で何があったのか全然話してくれないのよ」って言うママ友も沢山います。学校で使う言語とママと話す言語が違えば、尚更かもしれません。
    息子が私達に心を開き、安心して何でも話してくれるのは、もしかして、昔の絵本の読み聞かせが影響しているのでは?と密かに感じています。ただ、息子がお喋りなだけかもしれませんが(笑)

    My son is ten years old now. He is growing bilingually.

    I know many Japanese parents who don’t speak English well want their children to grow up bilingually, so did I.

    I know there are many theories about how to make the children bilingual. I basically think it depends on the child’s character and the family’s situation.
    The only thing I'm sure of, seeing many children around my son for ten years, is that making a child bilingual is not easy.
    Not only does the second language not progress enough, but also, sometimes, neither English nor Japanese  sometimes progress enough.

    I’m introducing my basic strategies.

    1. I gave an English environment to my son as early as possible.
    This strategy is very well known. I sent my son to an international kindergarten in Japan.

    2. My husband and I use only Japanese at home. 
    Still now, I never talk to my son in English at home except when an English speaker is with us. 
    The kindergarten head teacher used to recommend using English at home to the moms, regardless the mom's pronunciation is good or bad, because the children feel free to use English by watching their moms using it.
    However, I felt awkward, so I didn’t follow her advice.

    3. I had read one or two Japanese picture books to my son at bedtime since he was a baby.
    This is actually the most important and the most bothering for moms.
    However this nightly habit can also create an immeasurably wonderful relationship between a mom and her child, not only give him a language skill.
    Even if the child has to be exposed to an English environment during the day time, he can enjoy his mother tongue with his mother, reading books. I’m sure that laughing with mom about the story or considering the ways the characters feel in the book with mom, will help the child learn his mother language deeper in the future.

    4. I don't use a car. After picking up my son at his school, he and I usually go back home by foot and bus.
    While we walk together, we really talk a lot. He goes to English school, but he tries to inform what happened at school very specifically in Japanese to me. Sometimes he can’t find the corresponding Japanese word. That is a good chance he learns a new Japanese word from me.

    I heard some boys don’t inform their moms about what happened at school. The reason why my son opens with me might be related to the bedtime story experience when he was younger.
    コメント
    コメントする