茶道はメディテーション / Japanese tea ceremony is meditation

2018.05.24 Thursday

0
    茶道にどっぷりハマっている今日この頃です。
    若い頃は全然馴染めなかったのに、今になって楽しくなるとは、歳のせいか、日本を離れたせいか、、、不思議なものです。

    今月はじめには、通っている茶道教室主催のお茶会があり、亭主役を務めさせて頂きました。久しぶりに大緊張!
    格好良く見せようとせず、今の自分のまま、お客様に心を込めてお茶を点てようと、震える自分の手に言い聞かせ、なんとか乗り切りました。



    私にとっての茶道の点前は、まさにメディテーション!
    ヨガの時にも瞑想をしますが、ただ目を瞑る瞑想は、本当に今の瞬間に集中できているか自分でも分からなくなります。一方、お点前は、少しでも別のことを考えると、すぐに手順を間違えたり乱暴な点前になってしまったり、、、まるで自分の心の鏡のよう。

    茶道のあれこれを「知っている」だけで、知らない人に対して上から目線になるという、今の茶道会を酷評した雑誌記事を先日読みました。うん、なんか解る!
    茶道の醍醐味は、お点前のルールやお道具の名前を覚えた、そのもっと先にある気がします。

    茶道に対する想いは人それぞれ。
    私は私のペースで、自分のお点前を確立できたらいいなぁと思っているけれど、一体いつになることやら、、、。
    きっとそこには、私の宇宙が詰まっているはず。それが一服のお茶になって、それを喫んでくださる方との一期一会に繋がればなんて素敵なんだろう!!

    そんなことを夢見ながら、今日もお稽古に励んでいます。

    I’m really into Japanese tea ceremony now.
    I take tea ceremony class once a week.

    The other day, my teacher organized a tea ceremony party, inviting our families and our friends.
    I was in charge of a master at the ceremony. It was a very big role for me!
    I got super nervous, but I told myself not to pretend to be nicer or greater than the real me. I tried to concentrate to make just a cup of delicious matcha tea for the guest. Finally, I got through the role.

    For me, the tea ceremony procedure is meditation.
    I also meditate in my yoga class, closing my eyes and placing my hands together. However it is actually difficult for me to realize whether I concentrate on the moment or not.
    On the other hand, in the procedure of the tea ceremony, it’s easier to see that. If I think about another issue during the procedure, I make a mistake easily or my performance becomes careless. The procedure is like a mirror of my mind.

    I know many people who know about the tea ceremony sometimes look down on the people who don’t know the manner of the ceremony. That is a shame!
    I believe the goal of the tea ceremony exists far beyond just the knowledge about the tea ceremony.

    I dream I will be able to make a cup of wonderful tea for a guest and to share the moment with the guest someday in future.
    コメント
    コメントする