母になって10年経ちました / 10 years have passed since I became a mom

2018.03.27 Tuesday

0

    おととい、ひとり息子が10歳のお誕生日を迎えました。

    と言うことは、私が母親となって、10年経ったのですね。

    (息子が7才の時に、日本語補習校で書いた、10才の自分に宛てた手紙。どんな内容なのかと期待して開封してみたら、、、)


    実は私は、ずっと子供を作る気がなく、末期癌の母に「あなたの子が見たかった・・・」と言われなければ、おそらく今も母親になっていなかったでしょう。

    結局、母は私が妊娠4ヶ月の時に他界しましたが、十分に満足そうでした。


    で、そんなきっかけで生まれてきた息子は、私の人生をガラリと変えました。

    社長を務めていたにもかかわらず、保育園に預けない決心をしたのも、大きく影響しました。

    もともと子供が苦手だったので、なるべく長く子供と一緒に過ごし、母乳で育てないと、母性が湧かないのでは?と、心配だったのが一番の理由です。

    会社に行く時は、ベビーシッターさんを会社に呼ぶという荒技に出ました。


    その後も、かなりユニークな子育てを続け、迷った時は「どっちが、息子にとっても私達にとっても楽しそうか?」を基準に決断し、ついにはカナダに移住までしてしまいました。


    もちろん思い通りの子育てなんて出来ないけれど、息子はいつも、ママのところに生まれてきて良かった!と言ってくれます。

    こんなダメ母を ホッとさせてくれる一言です。


    これから、思春期に入り、あっという間に大人になることでしょう。

    もう10年経って、成人した息子は、キノコが食べられるようになっていると良いのですが、、、


    My son turned 10 the day before yesterday. That means 10 years have passed since I became a mom.

    Actually I used to have no interest in having a child. If my mom hadn’t told me, when she was dying of cancer, that she wanted to see my child, I wouldn’t have any children now.

    My son has changed my life. I think the biggest reason is I didn’t use daycare service although I was working as a president.
    I wanted to be with my son as long as possible, so I called his baby sitter to my office.

    I think my way of raising my child has been unique. Whenever I’m undecided, I have made a decision by considering which is more fun for my son.

    Although I have had many troubles with him, he always tells me that he is lucky to be my son. That relieves me and makes me happy.

    He will be an adult very soon after puberty.
    That makes me both happy and sad.

    コメント
    コメントする