ルーマニアの毛糸 / The Romanian yarn

2018.03.03 Saturday

0

    東京での展示会が終わり、モントリオールに戻りました。


    今回のテーマはThe Romanian heritage。

    ルーマニア文化を象徴する羊飼いや、伝統的な刺繍をデザインに取り入れました。


    エシカルラインのwhite label では、ルーマニアから取り寄せた糸を使いました。

    この糸が、凄いんです!

    White label を始めてから、ずっと自然環境や羊たちと共存できる毛糸を探していました。

    オーストラリアのオーガニックウールも試したり、パタゴニアのウールを調べたり、、、でも、しっくりこなくて、諦めかけていた時に出会ったのが、このルーマニアのウールなのです。


    ルーマニアの羊は、尻尾を切られたり、お尻の皮を剥がれたりしません。だから、細長い尻尾が、そのまま付いているのです。

    毛刈りも、年に一回、電気カミソリではなく、大きな手バサミで、丁寧に一匹ずつ刈られます。人工授精もされません。


    そんなの当たり前なのでは?と思われる方も多いでしょう。でも、残念ながら、一般のウールは、かなり不自然に育てられているのが現実です。

    羊は一万年以上かけて人間が山羊から改良を重ねてきた動物なので、自然に毛が生え変わらず、多かれ少なかれ、人間の手を借りないと生きてない動物。羊の牧畜に適さない地域で飼う場合は、尚更です。そこで、その手のかけ方が問題になってきます。なるべくコストをかけずに沢山の羊毛を効率よく生産したいのが、現在の資本主義社会の自然の流れなので、物言わぬ羊さんたちに、しわ寄せが行ってしまうのですね。


    「仕方がない」という考えもあるでしょう。何が正しいかをジャッジするつもりはありません。

    でも、このルーマニアの糸を触っていると、特別のエネルギーを感じます。

    そして、自分の日常のオシャレが、どんなに自然環境や多くの動物たちの犠牲の上にあるのか、考え直すきっかけになるのです。


    The exhibition is over, and I’m back to Montreal.

    The theme of the new collection was The Romanian heritage, so I used the ideas of some details of Romanian shepherd's costume, the traditional embroidery pattern, and so on.

    For the white label, which is an ethical line, I used special Romanian wool yarn. The yarn is really awesome!
    I had been looking for wool yarn that is really animal-friendly and eco-friendly.
    I have tried organic wool yarn, I researched the wool yarn in Patagonia...they were partly good, but I wasn’t perfectly satisfied with them.
    When I almost gave up finding the yarn, I came across this Romanian yarn.

    In Romania, the sheep don’t have their tails clipped; the sheep are not mulesed. That’s why the sheep have long tails, as they are.
    The Romanian shepherds don’t use electric razors to shave the sheep. They use only a big pair of scissors, keeping the tradition from ancient times. They don’t practice artificial fertilization on their sheep.

    You might think that is common sense, not special. However, unfortunately, most of the sheep in this world actually are raised in unnatural ways now.

    Sheep are animals that have been improved by human beings, so the sheep need human help more or less to live. The subject is how we help them live with us.
    Under this capitalism, people tend to peruse more practical ways to get a lot of wool, saving cost, and that always causes a miserable circumstance for the sheep because they never complain.

    Many people might say that is what cannot be helped. I don’t want to judge anything.

    I just feel the special energy when I touch the yarn. That reminds me of how much animals are sacrificed for my enjoying fashion.

    コメント
    コメントする