大島紬が似合う歳に? / The age of the ohshima tsumugi

2017.11.27 Monday

0

    最近、お着物が、ぐっと身近になりました。

    私は着物が似合わないと、昔からずっと思い込んでいました。

    それに、着物の着方って何だか複雑だし、帯を手繰ってると肩が痛くなるし、、、

    でも、亡き母の様に、着物を着こなせる女性に憧れてもいました。(母の着物姿は、本当に美しかったのです。)


    私が今通っているモントリオールのお茶のお教室では、皆さん、毎回お着物をお召しになります。春はお洋服でお稽古していた私も、夏には浴衣でお稽古する様になり、秋にはお着物を着る様になりました。

    どうしても時間がない時は、半巾帯でもいいやと思ったら、気が楽になり、結局最近は、毎週名古屋帯を結んで、お稽古に行っています。


    何が一番私にとって嬉しいことかといえば、25年前に買ってもらったまま箪笥に眠っていた大島紬に、ついに袖を通せたこと!

    紬の着物って、ハレの日のパーティーやお茶会などには着てはいけないので、なかなか出番がないのです。

    特別な和食レストランや歌舞伎に着ていくのが理想的なのでしょうが 、実際、東京にいた頃は、そんな優雅な生活を送る余裕はなく、、、

    大島紬に憧れておねだりしたものの、ずっと着る機会がなく、ぼんやりと罪悪感を抱えたまま25年の月日が経っていきました。


    そして今、つに袖を通し、大島紬って、本当に素敵なお着物だと改めて感じています。紬でありながら、しっとりした品の良さ。私のは、泥大島なのですが、その深みのある紺色と白い半襟のコントラストがたまりません。

    でもこれ、本当に25年前の私に、似合っていたのでしょうか?

    きっと、今だから着こなせるのではないのでしょうか。

    私も、やっと大島紬が似合う歳になり、だからこそ袖を通すチャンスにも恵まれたのかなぁと、言い訳まじりに思っています。


    やっぱり、歳をとるのって楽しいですね〜


    Recently, I'm really into wearing Japanese kimonos by myself.
    Before, that was not familiar to me because I had assumed kimonos don't look nice on me. Additionally, wearing kimonos seemed a hard work and too complicated for me.

    On the other hand, I had also longed to become a lady who can wear kimonos easily and gracefully, like my mom.

    I started my Japanese tea ceremony class this spring. All my classmates encouraged me to wear a kimono. They taught me how to wear it easily....so, finally I got the skill to wear it by myself.

    The happiest part is I had the chance to wear an ohshima tsumugi.
    Let me explain a little about the special kind of kimono, for the non-Japanese people.
    It's like the vintage jeans. It,s very high quality. It's made spending much time, so off course it's usually expensive. However, we should wear it only in a casual situation. We are not allowed to wear it for formal parties.

    When I was in my twenties, I got my mom to buy an ohshima tsumugi for me, but I didn't have any chance to wear it for more than twenty years, because I had been too busy to have such a fancy casual opportunity in Japan.
    Whenever I saw it in the closet, I felt guilty.

    Now I enjoy wearing my ohshima tsumugi so often. The tone is very dark; it looks almost solid dark navy, although many different colors are actually used for it.

    Apparently, an ohshima tsumugi looks nicer on a senior lady, rather than a young girl.
    I really agree with that.
    Maybe my ohshima tsumugi had been waiting for me to turn the appropriate age to fit it.

    I wish I could show myself in the ohshima tsumugi to my departed mom.

    コメント
    コメントする