東京の家 / My house in Tokyo

2016.07.06 Wednesday

0

    1週間ほど、家族で 日本に帰国しました。


    第一の目的は、 息子に久しぶりの日本を堪能してもらうこと。

    友達と博物館に行ったり、祖父母の待つ九州に行ったり・・・“乗りたかった電車”に乗って、“会いたかった人”と、“行きたかった場所”に行って、遊んで、彼は大満足だった様です。

     

    第二の目的は、東京の家を引き揚げること。

    既に両親を亡くし、実家がない私にとって、東京の家を手放すことは、ホームグラウンドを失う気分。カナダに引っ越す際も、その勇気がなくて、二年間キープし続けました。でも、何事にも、潮時があります。カナダの永住権を取得したのをきっかけに、ついに家を手放す決心をしたのです。

     

    その家の奥の部屋には、めったに使うこともなく、ただただとってあるものが沢山あります。

    学生時代の大量の写真、母のピアノの上にいつも飾ってあった人形、水上スキー部の時に頂いたカップやメダル、手作りのウエディングドレス、、、捨てるべきかカナダまで送るべきか、本当に迷いました。

    物は捨てても思い出は残る・・・それは分かっているのですが、捨ててしまうとその思い出を思い出すことを忘れてしまいそうで、捨てるのが怖いのです。

    断捨離ブームではありますが、懐かしい品々に偶然出会った時の、あの何とも言えないタイムスリップは捨て難いものです。一つのモノが、私にだけ、セピア色の映像をみせてくれるんのです。

    結局、捨てきれない沢山の思い出の品を 船便でカナダに送ることにしました。数ヶ月後に荷ほどきするのが楽しみです。

     

    今までの人生、辛いことも沢山あったけど、それでもやっぱり私は、自分の過去を愛している証拠なのかもしれません。

     

    I went back to Japan with my family, and stayed there for a week.


    The main purpose was to part with my house in Tokyo.
    My parents already passed away, so it isn't my parents' house any more. It was a hard decision for me to stop renting the house, because I felt as if I would lose my home ground although Tokyo is my hometown. That is why I didn't do that when I moved to Montreal two years ago. It needed to take time for me to make the decision.
    However, becoming landed immigrants in Canada encouraged me to do that. I knew it was time to say goodbye to my house/residence in Tokyo.

    I had to keep all of my belongings in my place,  including sentimental objects.p
    A large amount of the pictures of school days, a doll that used to be displayed on my mother's piano, some waterski competition trophies and medals from my university days, my wedding robe I made myself, and so on.....I was really undecided if I should throw them away or I should keep them and bring them to Canada.

    I knew the memories would remain even if the object were thrown away, but I felt fear; I might never remember the memory if I lost them.
    I love the moment when I come across my personal nostalgic things, which remind me of a scrap of my memorable days.
    Currently, the simple life style of having few belongings is in fashion in Japan, but after considering for a long time, I ended up sending most of that kind of things to Montreal. I'm looking forward to unpacking the package.

    Of course I have had many sad and bitter experiences in my life, but my decision should mean I love my past.

    コメント
    お久しぶりです。
    日本に帰ってこられてたんですね!
    残念‼

    秋物が入荷してアミツムリのかわいさにニヤニヤドキドキワクワクしている最近です❤

    会いたいなー
    • by piroshikipirorikin
    • 2016/08/21 12:15 AM
    コメントする