多国籍の仲間たちと / Friends from different cultures

2019.12.21 Saturday

0

    毎年恒例、息子の小学校のクリスマスコンサートに行ってきました。

    息子も今年は、六年生。最後のクリスマスコンサートです。

     

    コンサートは体育館で行われるのですが、体育館の壁には、今まで在籍した生徒たちの国の旗が、ぐるりと飾ってあります。

    ちょとビデオも撮ってみましたが、貼り付け方が分からない💦

    数えると、70ヶ国分ぐらい、貼ってあります。

     

    モントリオールって、本当に色んな国の人が集まっているんですね。

    みんな、お家に帰ると、どんな言葉で会話をし、どんな食事を食べているのでしょうか。。。気になります。

    様々な価値観の家庭で育てられた子供たちが、どうしたら一緒に楽しい学校生活を送ることができるのか?

    きっとモントリオールの子供達は、その術を自然に身につけているのでしょう。

    わが息子も、ぼーっとしているように見えますが、「自分の軸を持ちながら、他人の価値観を尊重する」ということを 学んでいる気がします。

    将来、その術が、異文化の橋渡しや 世界平和に貢献できたら、いいなって、思います、、、、どんなレベルでも。

     

    Last night, I went to the Christmas concert at my son’s school as every year.
    It was the last one for my son who was in G6.

    The concert was held in the gymnasium as usual. The gymnasium was surrounded by many flags of the countries the students came from.
    I counted the flags… they were more than seventy! What an international school!

    I always wonder which language other kids use and what kind of food their moms cook at home.
    Each family should have its own sense of value. It seems the children in Montreal are acquiring naturally how to communicate and cooperate peacefully with other kids, who are from different cultures.
    Also my son must be learning how to respect other people while keeping his own mental axis.

    I hope he will bridge different cultures or contribute to world peace in the future…in whichever way is best suited for his personality and skills.